「バイオハザード RE:3」評価・レビュー

バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:3

2020年に発売となったCAPCOMが放つ国産ホラーゲーム「バイオハザード RE:3」。1999年に発売された「バイオハザード3 LAST ESCAPE」の完全リメイク作品となる。CAPCOMは自社のゲームエンジンである「REエンジン」を開発してからというもの、まさに絶好調で新作はもちろん、過去作品のリメイクも素晴らしい完成度でリリースを続けている。とりわけ、2019年に発売された「バイオハザード RE:2」がリメイクゲームとはこうあるべきというお手本のような出来栄えであったことは記憶に新しい。

追跡者ネメシスとの死闘

”お約束”のゲームシステム

バイオハザードと言えば、弾丸や回復アイテムなど、限られた資源をいかに効率的に、枯渇しないように管理しながらプレイを進めていくゲームデザインが特徴である。ここが、ぬるすぎても面白くないし、難しすぎるとユーザを選んでしまう。難易度のバランスが重要である。その点、本作においても、さすが”サバイバルホラー”というジャンルを創った元祖だけあって、絶妙な調整で、適度にヒリヒリする緊張感があり、終始ダレることがなく夢中でプレイできた。まさに伝統芸能的な安心感である。

また、バイオハザード全般に言えるのは、リアリティを追求しているが、あくまでも「ゲーム」であるという線引きをうまく残しており、そのバランス感覚が「面白さ」につながっているのだろうと思う。例えば、探索をしていると鍵のかかった木製のドアがあるとすると、そんなもの手に持っているショットガンでブチ破れば一瞬なのに・・などという突っ込みがあるが、そこはゲームである。しっかりと複雑な地下や恐ろしい病院を探索させて鍵を探させるのである。

期待通りのリメイク

本作は、前述の通り1999年に発売された同作のリメイク作品である。私自身は、当時の原作はプレイしていないが、街並みのグラフィックや登場人物のモデリングなど、完全に刷新されている。リメイクの品質としては、2019年に発売された「バイオハザード RE:2」とほぼ同じと言って良く、申し分のない美しすぎる映像美である。

美しいグラフィックで生まれ変わった主人公ジル

また、今回のリメイクにあたっては、「回避」アクションという要素が追加されており、なかなかタイミングがシビアではあるが、迫るゾンビを避けるという新しい遊びがある。うまくゾンビをかわせると、そのあと、急所に弾丸を当てやすくなるという仕様になっている。

賛否両論のゲームボリューム

本作は、原作のシナリオに忠実に再現されているのだが、ゲームとしてのボリュームが少ないことが一部のユーザからはマイナス要素となっているようである。その代わり、本作には、「バイオハザードレジスタンス」という非対称マルチのオンラインゲームが付属されていたりはする。しかしそれでも、本作は単体ゲームとして、1周、5~6時間程度でクリア出来てしまうことから、昨今の数十時間遊べるゲームと比較するとボリューム不足感を否めない。ただ、ゲーム自体が楽しくないかというと、まったくそのようなことはなく、短い時間の中で、濃密な恐怖と緊張感を味わうことが出来ており、個人的にはなにも不満はない。

そして、バイオハザードというゲームは、もともと周回プレイを前提としたゲームデザインになっていること、また、なかなか時間が取れない社会人の視点からすると、たまには、10時間以内でさくっと遊べるゲームがあってもよいのではないかという気にもなる。

さらに後続が期待されるリメイク

本作は、リメイク作品としては、2019年に発売された「バイオハザード RE:2」には、あと一歩及ばなかったかなという印象がある。しかし、この流れ、このゲームデザインで良いので、これからも間髪入れずに、バイオハザードの過去作品が次々とリメイクされることを望んでいる。

バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:3
プレイ時期:2020年5月
プレイ時間:約6時間
プラットフォーム:PlayStation4 Pro
レビュータイミング:クリア後
面白さ
グラフィック
シナリオ
サウンド
リプレイ性
良いところ
安定感のあるゲームデザイン
難易度バランスが絶妙
気になるところ
ややボリューム不足
4.1
神ゲー

この記事をシェアいただけると嬉しいです。