「Ori and the Will of the Wisps」評価・レビュー

Ori and the Will of the Wisps
Ori and the Will of the Wisps

2020年9月に配信され、個人的にも待ち望んでいた、前作「Ori and the Blind Forest(オリと暗闇の森)」の続編「Ori and the Will of the Wisps(オリとウィスプの意志)」をついにプレイ。

私は、XBOXを所有していないので、本シリーズをNitendo SwitchにリリースしてくれたMicrosoftには感謝しかない。このシリーズは、「メトロイドヴァニア」というジャンルで構成されう2Dアクション。とりわけ、圧倒的なビジュアルと心に残る楽曲が、プレイ後も余韻を残し、芸術的な側面すら感じられる神ゲーである。

前作もクリア済であるが、本作もようやくエンディングまで到達したので、早速レビューする。

メトロイドヴァニアの最高峰

Ori and the Will of the Wisps

本作は、数あるメトロイドヴァニアというジャンルの中においても、ひときわ完成度、人気が高く、個人的には、「Hollow Knight (ホロウナイト)」と双璧をなす大好きなシリーズの1つだ。ホロウナイト同様、幻想的で美しいビジュアルと音楽とは裏腹に、2Dアクションの難易度が高く、何度も何度も死にながらトライ&エラーを繰返し、地下迷宮の探索を進めていくタイプのゲームシステムになっている。どちらかというと、「ホロウナイト」が、「戦闘」に比重を置いた作品だとすると、本作は、地形のギミックなどを活用した「アクション」に比重を置いた作風になっていると感じる。

前作とのつながりはあるものの、単体でも成立しており、今作から初めても問題はない。

さらに洗練度を増したシステム

広大かつ緻密に計算されたマップ構成

続編である本作も、前作に踏襲し広大な地下マップを少しずつ探索し、マップを埋めていくスタイルでになっている。そして、用意されたフィールドも、緑豊かな森、極寒の山、色鮮やかな湖、灼熱の砂漠、危険な暗闇と大量の虫に覆われた穴の中などバリエーションに富んでおり、どこを見ても美しく設計されている。

また、マップ構成も絶妙に設計されており、探しつくしたと思っていても、二段ジャンプや特殊技能を身に着けてから、再訪すると、新しい手掛かりや道を見つけることができる。これぞまさにメトロイドヴァニアと言える。

繊細な操作を要求される高難易度アクション

本作では、地下マップに張り巡らされた、さまざまな地形を、さまざまなアクション操作で行き来を繰返すことになる。そこが本作の魅力だが、ゲームが進行するにつれて、アイテムを購入したり入手し、できることが増えていくと、その難易度は劇的に上がっていく。

2段ジャンプからの壁張り付き、そしてさらに敵の攻撃を利用した、ジャンプなどなど。2時間もプレイすると指先が痛くなっているのを感じるほどだ。しかし、この難易度がかえって病みつきになる面白さを秘めている。何度も繰り返すうちにプレイが上達し、気づいたら難所を乗り越えている。この難易度のレベルデザインの巧みさが本作の魅力の1つと言えるだろう。

Ori and the Will of the Wisps

フルオーケストラによる感動的サウンド

本作を傑作にしているもう1つの要素に、相当な開発期間とコストをかけられたであろうフルオーケストラの楽曲がある。前作でお馴染みのあのテーマ楽曲はもちろん、今回も場面場面に応じ、様々なサウンドで盛り上げてくれる。音楽において、これほど贅沢なメトロイドヴァニアは、なかなかお目にかかることはできない

気になるポイント

ゲーム進行の道しるべが少ない

本作は、メインストーリ以外にもサブシナリオがいくつか用意されている。マップにも何となく何をすればよいか示されているが、ヒントなども少なく、次に何を目指せばよいのか、どのあたりを探索すればよいのか、迷うことが多かった。この迷いこそが、メトロイドヴァニアに醍醐味なので決してマイナスではないが、ゲーム全体のプレイ時間に対し、あちこちを迷ってしまう時間が多くなると、ややテンポが悪いと感じる人もいるかもしれない。

私は、そんな状況ではあったが、全てのサブシナリオもクリアしたので、終わりよければ全て良しで、今は楽しい体験であったと感じる。

フレームレート低下と強制終了バグ

本作では、脅威のビジュアルと引き換えに、ところどころ最適化が出来ていない箇所が見られ、急に処理が重たくなり、スローモーションのような場面が生じることがあった。もっとも、プレイに支障をきたす程ではないので気にするレベルではない。それよりも、強制終了になるバグが2時間に1回程度の頻度で発生し、こちらはストレスと感じた。

リリース当時、強制終了バグが頻発していたが、現在は修正アップデートが入り、概ね解消されているのでご安心を!

メトロイドヴァニア 珠玉の3選

Ori and the Will of the Wisps
プレイ時期:2020年11月
プレイ時間:約18時間
プラットフォーム:Nintendo Switch
レビュータイミング:クリア後
面白さ
シナリオ
グラフィック
音楽
リプレイ性
良いところ
圧倒的に美しいビジュアル
心に残るメインテーマ
気になるところ
最適化不足によるフレームレート低下
いくつかの強制終了バグ
4
神メトロイドヴァニア

この記事をシェアいただけると嬉しいです。