「A Plague Tale: Innocence」評価・レビュー

A Plague Tale: Innocence
A Plague Tale: Innocence

2020年、世界中が感染病の恐怖に陥ることを暗示していたかのように、昨年2019年に発売された本作は、まさに、14世紀のフランスを舞台に、感染病「ペスト」をテーマとしたホラー・アドベンチャーゲームである。おびただしい数の大量ネズミが所狭しと襲ってくる驚異的なビジュアルで、どんなゲームなのか個人的にも、発表当時から気になっていたが、今年ようやくプレイすることが出来た。

AAA級レベルのグラフィック

私は、本作をPS4 Proでプレイする形となったが、緻密に描かれた背景や大量のネズミの表現、主人公たちの表情の豊かさ。改めてこのゲームのグラフィックの美しさに驚かされた。思わず、立ち止まって見とれてしまうシーンもあったほどだ。この手のゲームは、やはりグラフィックがリアルであればあるほど説得力が増すことから、その技術向上には感謝するばかりである。

緻密に描きこまれた背景
歩みを止めたくなくビジュアル

王道のゲームシステム

本作は、驚異的ビジュアルとは裏腹に、画面のUI含めて、中身はあの「The Last of Us」の影響を強く受けたと思わされるアクションアドベンチャである。ステルス要素、シューティング要素、クラフト要素、パズル要素、それらが絶妙なバランスで介在したゲームとなっている。5歳の幼い弟の手を引いて、15歳の少女を操作するという様も、「The Last of Us」に似ている構成である。したがって、「The Last of Us」が好きなユーザであれば、間違いなく本作もすんなりとプレイできるスタイルになっているが、ゲームシステムとしては、目新しさは特にない。チャプタ構成で、一本道のゲームシステムであり、あくまでもシナリオを楽しむゲームと考えるべきだろう。

A Plague Tale: Innocence
A Plague Tale: Innocence

頭の悪いAI

このゲームは、途中、敵とステルスを駆使しながら、進めていくことになるが、その敵のAIが正直言って”バカ”すぎるのである。ステルス系のゲームではよくある話ではあるが、せっかくの世界観が、”これはゲームなんだな”と没入感を削いでしまっているのは残念なポイントである。

ネズミを使ったユニークなアイディア

本作では、キービジュアルになっているように大量のネズミが登場する。鳥肌が立つほどの数である。ゲーム序盤では、それらのネズミから如何に身を守っていくかがポイントになるが、序盤からはそのネズミを誘導し、敵を襲わせたりといった使い方ができる。パズルの仕掛けとしても、ネズミを活用する場面があり、このゲームならではというところは評価ポイントである。

A Plague Tale: Innocence
画面を埋め尽くすネズミの大群

まとめ

昨今は、プレイ時間が数十時間にも及ぶ超大作が多く、手軽に楽しめるゲームが少なくなっている気がしているが、こうしたシナリオ重視、ソロプレイに特化したゲームは個人的にも嬉しい限りである。本作を一言で言うなら「上質」。安定の品質で、決してプレイして損をすることはないだろう。すでに、続編の開発が示唆されている模様で、非常に楽しみである。

A Plague Tale: Innocence
A Plague Tale: Innocence
プレイ時期:2020年1月
プレイ時間:約13時間
プラットフォーム:PlayStation4 Pro
レビュータイミング:クリア後
面白さ
グラフィック
音楽
シナリオ
リプレイ性
良いところ
続きの気になるシナリオ
驚異的なグラフィック
気になるところ
中盤から恐怖が薄れる
頭の悪いAI
3.7
上質

この記事をシェアいただけると嬉しいです。