「FINAL FANTASY VII REMAKE」評価・レビュー

FINAL FANTASY VII REMAKE
FINAL FANTASY VII REMAKE

2020年、数多くあるゲームタイトルの中でも、本作は最もユーザが待ち望んだ作品の1つであることは間違いない。これは、ゲームをしない人でも名前くらいは知っているあの「ドラクエ」と対を成す、超大型AAA級国産RPG(ロールプレイングゲーム)タイトルである。「REMAKE」とあるように、1997年にPlayStationのキラータイトルとして発売されたFINAL FANTASY VII(以下、FF7)の20数年ごしのリメイク作品となる。とりわけ、このFF7は、シリーズの中でも人気が高く、長いシリーズの中でも、存在感、カリスマ性が突出している作品になっている。それゆえ、リメイクされることに対するファンの期待や不安は相当なものであったのは言うまでもない。

想像を超える圧倒的世界観の再現

原作であるFF7は、当時としては画期的なグラフィックであったことは間違いないのだが、それでも、そのハードの性能上の制約から、キャラクタや背景などデフォルメされた形で描かれていた。少年時代にプレイしながら、多分、こうなっているんだろうなと脳内で想像していたイメージを、本作では、その想像を1枚も2枚も上の圧倒的な表現レベルで再現されている。「ミッドガル」といわれるサイバーパンク感あふれる都市と、その最下部に広がるスラムの街並みの表現レベルの高さは、ここ数年のゲームの中でも突出していると思う。なんというか、作りこみが尋常ではなく、その臨場感がエグいのである。そして、主要キャラクタのみならず、NPCもフルボイスで制作されており、没入感も相当に高い。特に原作をプレイしていたユーザほど、この部分の感動はひとしおであろう。逆に、原作を知らないユーザからすると、意外と平凡なRPGに見えてしまうのかもしれない。

FF7リメイク
躍動感あふれる街並み

やりごたえ抜群の戦闘システム

RPGといえば、「戦闘」がいかに楽しいかが1つの評価ポイントになってくる。原作は、ATB(アクティブタイムバトル)と言われるシステムを導入し、コマンド形式の中にも緊張感がある戦闘となっていたが、本作では昨今のトレンドに合わせ、アクション要素を盛り込んでいる。アクションRPGにATBを混ぜ込んだ形になっており、さらに緊張感、面白さが増していると感じた。個人的にも、久しぶりに戦闘の面白いRPGだと感じるほど熱中できた。

FF7リメイク
緊張感溢れる戦闘システム

しかし、一部のユーザにとっては、本作の戦闘は難しいと感じるかもしれない。実際、ボス戦では、30分くらいの長期戦を強いられ、敵の硬さも相まってなかなかの難易度を誇っている。中でも、中盤に登場する「ヘルハウス」というボスは鬼畜レベルの強敵となっており、ややバランスを欠いている部分もあるように見受けられた。

ゲームボリューム

実は、本作は原作FF7の「分作」「分割」という形で発売されている。原作の序盤である「ミッドガル」を脱出するというあたりまでのシナリオを1つの単体ゲームとしてまとめたという形だ。これが、発売前からファンをはじめ、ユーザから大バッシングを受けていた。しかし、実際にプレイしてみて感じたことは「分作」であったとしても、そのゲームボリュームは、数倍にも膨らんでおり、個人的にはお腹いっぱい大満足の内容であったと考えている。分作とした代わりに、原作で描き切れなかったミッドガルに住まうキャラクター達に”命”を吹き込み、しっかりと掘り下げを行っている。主人公以外のサブキャラクタも魅力いっぱいに描かれており、ちゃんと一緒に冒険をしている実感を味わうことができた。最も、ボリュームを出すために、サブクエストが追加されているが、「お使い」系のクエストが散見されており、水増し感が否めず、このあたりはもう一工夫欲しいと思った。

次作の登場はいつ頃か

上述の通り、本作は「分作」タイトルのため、第2弾がいつごろ発売されるのかが未定なのが唯一の不安要素。実際本作も、2015年ごろに発表があり、発売まで5年ほどの期間を要していることから、次作も数年待ちになるのでは無いかという懸念もある。さすがに、5年はかからないにしても、私を含め、ユーザの熱量が高いうちに発売されることを祈って、ひたすらに待つしかないのである。

FF7リメイク
FF7リメイク

FF7リメイク
FINAL FANTASY VII REMAKE
プレイ時期:2020年4月
プレイ時間:約50時間
プラットフォーム:PlayStation4 Pro
レビュータイミング:クリア後
面白さ
グラフィック
音楽
シナリオ
リプレイ性
良いところ
リメイクの理想形
楽しすぎる戦闘
好きになりそうなサブキャラクター
気になるところ
原作を知らないと感動は弱いかも
グラフィックにムラがある
水増し感を隠し切れないサブクエスト
4.5
神リメイク

この記事をシェアいただけると嬉しいです。